教会式の特徴とメリット

ベールダウンやバージンロードが特徴的なポイント

教会式の場合はチャペルで結婚式を挙げるスタイルになります。神に愛を誓うという神聖な儀式というイメージが強いのが、教会式の特徴的なポイントでしょう。新郎新婦の服装も教会式の特徴の1つです。新郎はタキシードを着て参加するのが基本で、新婦はウェディングドレスを着て参加します。教会式では母親がベールダウンを行って、父親が新婦と一緒にバージンロードを歩くというのがメインのイベントだと考えられます。そのため新婦が両親との絆を感じやすい挙式となるでしょう。教会式の場合はゲストも幅広く招待できるのが特徴です。親族だけでなく友人や会社関係者といった人にも結婚の祝福をしてもらいたいのであれば、教会式を選択するのが良いと言えます。

バージンロードを歩けるのがメリットの1つ

ウェディングドレスを着用して父親と一緒にバージンロードを歩くというシーンに憧れを持っている女性もいるのではないでしょうか。そのバージンロードを歩けるのが教会式のメリットの1つです。理想とするウェディングドレスを着てバージンロードを歩くという夢を持っている人は、教会式を選択するのが良いでしょう。教会式は堅苦しいものだという印象が強いかもしれませんが、演出や進行に柔軟性があるのも魅力的なポイントです。演出の仕方によっては堅苦しい挙式にはならないのが良い点だと言えます。子どもが居る場合は子どもも参加できるような演出を選択できるのも、教会式のメリットでしょう。基本的には目立つシーンが多いので、目立ちたがり屋の人には教会式が向いていると言えます。

結婚式が安い式場では、衣装の手配や着付けなどのサービスを省いたり、平日限定のシンプルなプランを扱ったりしているところが多くみられます。