教会で行う教会式

最も人気のある挙式スタイル

教会式は、キリスト教の教えによってチャペルで愛を誓うもので最も人気のある挙式スタイルとして知られています。教会式はキリスト教徒だけではなく日本人でも式を挙げることができ、ホテルや結婚式場によってはチャペルで挙げることも可能です。ゲストや聖歌隊による讃美歌、牧師の問いかけによる愛の誓いといったように、教会式ならではの神聖な雰囲気を味わえるのが最大の魅力でもあります。式を挙げる場所にもよりますが、挙式後はゲストによるライスシャワーがあることもあり新郎新婦の近くでゲストが祝福できるのも特徴です。決まったスタイルはあるものの、進行に自由が利くことも多いため特別な演出を行いたいというカップルからも人気を集めています。

家族の絆を感じることができるのも魅力

教会式のもう1つの大きな魅力は、家族の絆を感じることができる演出が多いことです。母親が行う「ベールダウン」と父親と歩く「バージンロード」は花嫁にとっても憧れの演出でもありますが、次のような深い意味が込められています。ベールダウンには今まで大切に娘を見守ってきた母親が、邪悪なものから娘を守るため、バージンロードは花嫁の今までの人生を父親と思い出に浸りながら歩くものといったように、どちらも家族の深い絆を感じさせます。教会式を挙げるときは、これらの意味も知っておくとより家族への感謝の気持ちを感じられ、思い出に残る素晴らしい挙式を挙げることができるでしょう。また、純白のウエディングドレスを着ることができるのも魅力の1つです。

パパママ婚とは、既に子供がいる人による結婚式のことです。子供も主役として微笑ましい演出が行われることが多く、出席者がほっこりした気分で楽しめることが特徴です。